土地の名義変更をするには

土地の名義変更をすることになるのは、相続などがほとんどだと思います。

相続で土地の名義変更をするには、どういうふうに進めていけば良いのでしょうか。

普段は土地の名義変更なんて関わることはありませんから、いざ自分がそれをしなければならなくなった場合に焦ってしまいそうですね。

相続で土地の名義変更をする場合は、相続人全員で話し合って誰の名義にするかを決めましょう。

そして遺産分割協議書を作ります。

それから相続登記に必要な書類を集めます。

これが結構手間がかかるので、間違いのないようにしたいものです。

次に相続登記の申請書を作ります。

これはひな型があるのでその通りに作ればOKです。

申請書と必要書類を揃え、法務局に提出します。

法務局から新しい権利証が発行され、それを受け取れば名義変更は完了ということになります。

流れだけだと簡単に思えますが、結構煩雑なようですから専門家(例えば不動産名義変更手続センターのような)にお願いする人がほとんどのようです。